《端末2台持ちの方にもおすすめ》格安のプリペイド型simカードはタブレットでも使える!

端末を2台持ちする方にsimカードをおすすめする理由

2018年03月26日 15時42分

だれでも簡単に購入できて、設定方法も非常に簡単なsimカードは、「端末を2台持ちする方」にぜひおすすめしたい便利なツールです。
以下では、これからタブレット端末を購入しようか迷っている方や、simカード仕様の端末にしようか、
wifi仕様の端末にしようかと悩んでいる方に向けて「simカードをおすすめする理由」についてご紹介します。
 
理由① wifi環境がないところでもネットが使える
スマホのほかに、タブレット端末を併用するという方にはプリペイド型simカードや格安simカードの利用をおすすめします。
その理由は、「wifi環境がないところでもネットを気軽に使える」ということです。
タブレット端末の種類によっては、その仕様上「simモデル」と「wifiモデル」が存在します。
文字通り、simモデルであれば特定の通信キャリアのネット回線を使えるほか、備え付けのwifi機能も使うことができます。
その一方で、wifiモデルの場合はwifi環境がないとインターネットを使うことができません。
そのため、いつでもどこでもインターネットが使えるように設定するためには、simモデルのタブレットを選んだほうが良いですし、
その機能を最大限活用するためには「simカードを活用する」ことをぜひおすすめします。
simタイプのタブレットとsimカードを準備しておけば、ネットを使うたびにwifi環境を探さなくて済みますし、
いつでも必要なときにネットが使えるようになります。
 
理由② 利用料金を最小限に抑えることができる
「端末を2台持ちしたら、スマホ1台の倍以上のコストが掛かりそう」と思いがちですが、
工夫の仕方によってはスマホの利用料金に数千円ほど足しただけでタブレット端末を併用して使えるようになります。
プリペイド型simカードのような予め利用料金を前払いして購入するタイプのsimカードの場合、
この料金以外に事務手数料や解約手数料、そして追加料金が掛かる心配はいりません。
simカードの種類によっては、7日間、15日間、30日間など、利用期間を自由に選ぶことができますし、
従来の通信キャリアと契約を行った場合と比較して利用料金を半額以下に抑えられるといったメリットもあります。
スマホやタブレットと端末を2台持ちする際には、simフリーやsimロック解除済みであること、
そして対応機種に含まれているといった条件を満たしていれば、どちらの端末にもsimカードを利用することができます。
どちらの利用料金も半額以下に押さえることができれば、従来の大手通信キャリアで端末1台を契約するのと同じ料金で
端末2台を併用することも不可能ではなさそうです。
 
理由③ 事務手数料や解約手数料なしで解約できる
スマホとタブレットの2台持ちを始めようという時には、まだ月間でどのくらいのデータ通信料や利用料金が必要になるかが分からず、
どういった契約プランがベストであるか判断するのも難しいでしょう。
だからこそ、そのような時はだれでも簡単に試し使いができる「simカード」のご利用をおすすめします。
従来の大手通信キャリアとの契約のように、縛りが発生する年間契約を行ってしまうと、
途中で使わないから解約しようと思っても解約手数料が掛かってしまうため、試し使いしたい方にはあまりお勧めできません。
このような点からも、タブレットをお試し利用しようという時には格安で購入できて、
事務手数料や追加手数料などが掛からないプリペイド型simカードの利用をぜひおすすめします。
一度試しに使ってみて「その後はもう使わない」、「違うプランに変更したい」といった時でも、
前払いで解約手数料が掛からないプリペイド型simカードであれば安心ですし、
使い過ぎによる高額請求がされてしまうといったリスクを最小限に抑えることができます。
 

ここ最近人気を集めている「プリペイド型simカード」や「格安simカード」は、スマホユーザーだけでなく、
simフリーやsimロック解除済みの「タブレット端末」をお持ちの方にもお使いいただける便利なツールです。
端末を2台持ちすればそれだけ利用料金が倍増しそうですが、simカードの選び方や使い方によっては、
普段のスマホ契約のプランに数千円ほど足したくらいでタブレット端末を併用して使えるようになります。
「自宅や外出先で使える画面の大きなタブレット端末をこれから購入しようか」と検討されている方、
すでに2台持ちをしていて「利用料金を今よりも抑えたい」と考えている方などがいらっしゃいましたら、
ぜひプリペイド型simカードや格安simカードの利用を検討されてみてはいかがでしょうか。